ツアー名

ワンランク上のアートな旅と贅沢ランチ【3月/島根編】

《限定24名》学芸員と観る美術館見学と「山常楼」ランチ

【コースコード】DY3SA-B6
  • 出発地 / 広島駅新幹線口
  • 旅行代金 / 31,800円〜31,800円
  • 旅行日数 / 日帰り
  • 観光地 / 足立美術館、田部美術館、山常楼
おすすめポイント

各地域の美術館をめぐり、さまざまなアートに触れ、贅沢なランチを堪能。五感を刺激する贅沢な一日を。

各美術館では、美術館学芸員等による案内付き。目で見るだけではわからない深い知識を得ることができます。
移動のバスは、広島県内に1台しかない「プレミアムバス」でリラックスできるゆったり旅を。見たことのある車窓の景色もちょっと違って見えるかもしれません。

 

★美術館学芸員によるおすすめ収蔵品紹介および館内案内付き見学!

 

 足立美術館 
昭和45年(1970)開館。近代日本画を中心とした美術館で、横山大観のコレクションとともに5万坪の広大な日本庭園が有名です。安来出身の実業家、足立全康(ぜんこう)が収集した横山大観、竹内栖鳳、橋本関雪ら近代日本画コレクションをはじめ、院展作家を中心とした現代日本画、陶芸、童画、彫刻、漆芸などの魅力的な作品を所蔵しています。
(※足立美術館は美術館意向により学芸員解説は付きません。各自自由見学となります。)


 田部美術館 
1979年11月、茶の湯文化が盛んな松江の地に田部長右衛門朋之氏により設立ました。
江戸時代の松江藩7代藩主であり大名茶人の松平不昧公ゆかりの品々を含む茶道具や楽山焼、布志名焼をはじめとする出雲地方の美術工芸品を展示しています。


★ちょっと贅沢、美味しいものをゆっくり食す!

「料亭 山常楼」で会席料理のご昼食
江戸時代末期にうなぎ屋として始まり、明治初年に料理屋を始めました。現在の建物は、昭和9年に改築され当時26歳だった池田大工により随所に意匠を凝らし、贅を尽くした書院造りとして生まれ変わりました。また、隣接する土蔵は登録有形文化財に指定されています。

★ゆったり広々した「プレミアムバス」でワンランク上の旅を演出
広島県内に1台限り!◆オリジナルの本革リクライニングシートは、二重構造のクッションを採用。まるでマシュマロに包まれているような快適さです。◆車内に化粧室を完備(洋式トイレ・洗面台)◆シートは1列&2列のゆとりある配席

 
※写真はイメージです。
旅行条件
最少催行人数15人 添乗員同行します
お食事回数朝食0回 ・ 昼食1回 ・ 夕食0回 現地係員あり
備考
ツアー日程
日程 行程 お食事
1 広島駅新幹線口(7:30)==


★足立美術館==●山常楼==★田部美術館


==広島駅新幹線口(19:00)

昼食

備考 【移動手段の説明】 ==貸切バス

【観光種別の説明】★=入場観光 ●=食事 
カレンダー

2024年3月

日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
催行決定
31,800円
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
備考 カレンダー内の料金は大人1人当りの旅行代金です。
ご案内・注意事項
ご案内 【日帰り旅行キャンセル料規定】
旅行契約の成立後、お客様のご都合で旅行を取消される場合には、旅行代金に対してお一人様につき下記の料率の取消料をお支払いいただきます。(但し、パンフレットに取消料を明示した場合はそれによります。)
▼11日前まで 無料
▼10日~8日前まで 旅行代金の20%
▼7日~2日前まで 旅行代金の30%
▼前日 旅行代金の40%
▼当日 旅行代金の50%
▼旅行開始後の解除及び無連絡不参加 旅行代金の100%

注意事項
ご予約・お問合せ

たびまちゲート広島 悠遊倶楽部

観光庁長官登録旅行業第1666号       広島市中区胡町3番19号
電話番号 082-543-2022 FAX 082-543-2019
メールアドレス yuyu@tabimachi-gh.co.jp
営業時間
09:30-17:30 平日
10:00-17:00 土曜日
休日
日曜・祝日
旅行業務
取扱管理者
阿部 文太郎

総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取引きに関する責任者です。
この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があれば、ご遠慮なく上記の取扱管理者にお尋ね下さい。
備考